中学受験に向けて―個別指導塾のススメ

昨年、娘が中学受験を終えました。周りのお友達が中学受験に向けて塾に通い始めるなか、少し出遅れてしまった我が家。色々と検討した結果、経験豊富な塾長が運営する個別指導塾へ通うことにしました。
小学校での勉強よりもどんどん先へ進み、そして志望校の過去問も含めて学習していかなければいけない忙しさに、娘も最初は戸惑っていましたが、塾長や担当の先生が親身になってアドバイスしてくださり、自分のペースをつかむことができたようです。
そんな手厚いサポートの下、自分のペースで中学受験対策ができたことは、娘の性格にとても合っていたらしく、成績は伸びました。しかし、それが常に続けばいいのですが、なかなかそうはいかないもの。途中でだらけてしまうこともありました。そこは個別指導塾での1対1の付き合いで助けられました。さぼりがちになってしまった我が子に対して、親の目線では感情的に叱ってしまいがちですが、いつも見て下さる先生は、娘の長所と短所の両方を見極めて、時には励まし、時には叱り…そしてそれがどうして良いのか、いけないのかを語りかけ、中学受験をする必要性についても説いて下さいました。先生の熱心さに娘も励まされ、受験を乗り越えることができました。
個別指導塾だったからこそ、このように緊密に連携をとり、中学受験を乗り越えられたのだと感謝しております。