個別指導塾で中学受験を目指そう

私の息子は中学受験に意欲的で、早速大手の集団指導塾に通わせたのですが、何故か偏差値が思うように上がらず、親子の間で気まずい空気ができてしまいました。そこで、私は彼を責めるのではなく、塾の方針との相性が悪いと考えて、個別指導塾に体験入学させてみる事にしました。すると、彼は集団指導塾よりも個別指導塾の方がいいと言い出したので、ここは賭けだと思いつつ個別指導塾に切り替えさせました。

集団か個別か

結果的に見れば、この決断は間違ってはいませんでした。自分だけを見てくれる個別指導塾で彼はめきめき頭角をあらわし、表情が明るくなり、自ら塾に時間があれば自習にも行くようになりました。おかげで中学受験対策に何とか基礎固めを間に合わせる事ができ、発展問題や過去問にも取り組ませ、自信を持って試験にのぞむ事ができたようです。中学受験をさせる時、大切なのは一人ひとりの子どもと塾との相性だと実感したため、これから目指す方にはどんどん子どもに中学受験の体験授業を受けさせてあげてほしいです。有名な塾や大手の塾が必ずしも全ての子どもに合うとは限りませんし、保護者にとって魅力的な塾が子どもに合うとも限りません。まずは集団か個別か、そこからチェックしてほしいです。